• 8月 7, 2020

10分でバーコード・QRコード・RFIDを利用した在庫管理がわかる

適切な在庫管理は生産性を高め、企業の競争力も高めます。 「在庫管理を全くやっていない」という企業は少ないと思いますが、「在庫管理を手作業でやっている」という企業はまだまだ多いのではないでしょうか。 本稿でご紹介する「バーコード」などを在庫管理に導入するだけで「棚卸作業にかかる時間が1/3になった」と […]

  • 7月 30, 2020

製造業での3Dプリンターの使い方とは?基本的な使い方と活用事例5選

日産自動車パワートレイン技術統括グループエキスパートの責任者は、 「従来の鋳造でできる部品と同じものを3Dプリンターで製造しても意味がない。今後は、付加価値をどう見出すかが重要」 と、3Dプリンティングフォーラム 2019の講演で語っています。 参考資料:日経XTECH「日産、エンジン開発で3Dプリ […]

  • 7月 30, 2020

3Dプリンター出力サービスのメリットとは?製造業での活用事例とおすすめ業者を徹底解説

3Dプリンターはビジネスを変革する可能性を秘めており、自動車分野、航空・宇宙分野・ロボティクス分野といった様々な産業分野で導入が進んでいます。 IDCの調査によると、2018年〜2023年の国内の3Dプリンター市場はCAGR(年間平均成長率)2.5%前後で推移する見込みです。 しかし、特に製造業で使 […]

  • 7月 12, 2020

M2Mとは?IoTとの違いや注目される背景までを徹底解説!

2020年3月、日本でも第5世代移動通信システムである「5G」の商用利用が開始され、多くの企業・メディアがその動向に注目し、情報を発信しています。 近年、センサー技術や通信技術の発達によって「IoT」や「M2M」という言葉を耳にすることが多くなってきました。 しかし「M2Mとは一体何か?」や「M2M […]

  • 7月 12, 2020

ビーコン・BLEとは?物品管理を大幅に効率化する位置情報サービスを分かりやすく解説!!

「ビーコン」という言葉をご存知でしょうか? ビーコンは元々、のろしやたき火といった「位置」と「情報」を伴う伝達手段のことを意味していました。 船舶や航空の世界では「無線信号を受けて位置情報を取得する装置」という意味で日常的に使われています。 私達の身の回りではあまり聞き慣れない「ビーコン」ですが、ス […]

  • 7月 12, 2020

3Dプリンター価格を5つの造形方式別に徹底解説!| あわせて知っておきたい「補助金」の存在について

With/Afterコロナのサプライチェーン構築において、産業用ロボット・3Dプリンターなどの「テクノロジーによる自動化・省人化」が注目されています。 With/Afterコロナのサプライチェーン改革とは?押さえるべき4つの最新トレンド 特に「魔法の箱」とも呼ばれる3Dプリンターは、人員を割かずに自 […]

  • 7月 12, 2020

スマートファクトリーとは?実現に必要な2つの要素と成功事例をご紹介!!

「スマートファクトリー」という概念が提唱され、多くの企業がその実現のために動き出していますが、未だ国内での成功事例は多くありません。明確な成功モデルが見えないため、ほとんどの企業は足踏みをしているのでしょう。 スマートファクトリーの実現に必要なのは「明確な目的意識」と「スモールスタート」です。 本稿 […]

  • 7月 12, 2020

ファクトリーオートメーションがもたらす4つのメリットとは?スマートファクトリーとの関係性についても徹底解説!!

ファクトリーオートメーション(FA)は、工場で製造工程の自動化が始まった1950年代ごろから使われている言葉で、現在ではAIやIoTの活用も含みます。製造業向けロボットの世界市場規模は2019年で約1兆円、2025年にはおよそ2倍の約2.3兆円にまで成長すると見込まれ、ファクトリーオートメーションの […]

  • 7月 4, 2020

【光造形3Dプリンター徹底ガイド】基礎から人気メーカーまで総まとめ

IT調査会社IDCJapanが公表した「国内3Dプリンタ市場支出額予測」では、2021年以降に3Dプリンター市場が大きく成長に転じることが示されています。 新型コロナウイルスによる緊急事態に対応し、3Dプリンターを活用したフェイスシールドやマスク製造事例が多数見られたことから、3Dプリンターの適用範 […]

  • 6月 26, 2020

【金属用3Dプリンター徹底ガイド】基礎から人気メーカー7社まで総まとめ

3Dプリンターは、産業用から一般家庭用まで、様々な装置や材料が開発されています。従来の主な材料は樹脂でしたが、近年、金属を用いた材料が登場しており、航空・宇宙分野の構造材の造形に活用されるようになりました。 アメリカ国立標準技術研究所は、3Dプリント技術の研究開発のために740万ドル(約8億円)もの […]